読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あおのりの人生を楽しむブログ

せっかくだったら楽しくいこう!日々の中に楽しさを見いだしていこうとするブログです。

バスに乗っていて怪我をした話

まずはじめに。


運転手のみなさん、安全運転を心がけましょう。
特にバスの中には、シートベルトも何もしていない、無防備な乗客がたくさん乗っています。
今回は私一人が膝をぶつけただけで済んだのでよかったですが、お年寄りが立っていたり、満員状態だったりする中でバスが急ブレーキを掛けたら、それはもう大変なことになります。

バスの前を走っていたり、割り込む場合にも注意が必要ですね。

そして、バスに乗る時はしっかり手すりやつり革に捕まりましょう。



何年ぶりでしょうか。膝から血を流しました。

バスに乗って帰る途中、突然バスが急ブレーキを掛けました。

ちょうど私は最後部の中央に座っていました。目の前に遮るは何もなく、スマホでニュース記事なんかを見ていたもんだから、手も塞がっていました。
(ちなみに見ていたのは、週末に雪予報のニュース。先週末の雪掻きでまだ身体が痛いってのに、また降るのか!)

私は前に吹っ飛ばされ、どこかの座席の手すりに膝を強打して転びました。


どうやら、交差点で軽トラックが信号無視をしてきたようです。間一髪事故は免れたようですが、バスの運転手は相当怒っているのか、軽トラに向かって怒鳴っていました。


その後、「怪我などされた方はいませんかー?」とか車内に声をかけていましたが、私は何ともないと思っていたので無視。

「今夜も冷えるなぁ〜」とかのんきに思いながら家まで普通に帰りました。
明かりの中に入ってびっくり、ズボンが血だらけ!
「えー!どうしたの!?」と驚く妻。
「パパが痛いのー!」と叫ぶ3歳の娘。
「……」何が起きているのかわからず絶句する1歳の息子(笑)


ズボンをまくると、膝の皮がズルっと剥けていて何とも痛々しい感じ。
室内に入り暖かくなったこと、傷の存在を意識したことで、本当にズキズキ痛み出してきました。

剥けた皮を切り取り、消毒、血を拭き取ったあと、傷周辺の長いスネ毛を切り、偶然あったキズパワーパッドを貼ってみました。(効くのかなぁ)

そして、不安そうに見つめる娘を安心させるために、思いっきり元気に「痛いの痛いの、飛んでけー」をしました。

直後に息子に足に乗られて「やめろー!」と叫びましたが(笑)



もう子どもたちは妻と一緒に就寝。
私は今夕飯を食べ終え、痛む膝を眺めながら、風呂を明日の朝にズラそうか悩んでいるところです。やっぱ明日にしよう。なんかやだ。


繰り返します。

運転手のみなさん、安全運転を心がけましょう。
特にバスの中には、シートベルトも何もしていない、無防備な乗客がたくさん乗っています。
今回は私一人が膝をぶつけただけで済んだのでよかったですが、お年寄りが立っていたり、満員状態だったりする中でバスが急ブレーキを掛けたら、それはもう大変なことになります。

バスの前を走っていたり、割り込む場合にも注意が必要ですね。

そして、バスに乗る時はしっかり手すりやつり革に捕まりましょう。
注意一秒、怪我一生とか言いますよね。
楽しい日々を台無しにしたくないので、自分もこれから、更に気をつけていきます。



あー、痛いよー。・゜・(ノД`)・゜・。