あおのりの人生を楽しむブログ

せっかくだったら楽しくいこう!日々の中に楽しさを見いだしていこうとするブログです。

先生って夏休みあっていいよね〜。いや、ないから!

f:id:aoqsk2630:20160821132859j:plain
↑こんなリゾートに一度行ってみたいものです

よく、「教師は夏休みがあっていいなぁ」と言われますが、
子どもと同じような休みなんて取れないんですよ。
もちろん、子どもが来ないので比較的休みは取りやすいですが、
様々な研修や出張がどっと押し寄せてくるので、むしろ夏休みの方が忙しい、疲れる、なんてことがよくあります。

夏休みの3分の2は研修・出張、残りは部活、面談

この夏に受けた、もしくは行く予定の研修・出張は18回!

数えてみたら、思っていたよりかなり多かったですね・・・
10くらいかなと思っていたのですが、18も受けていたようです。
土日を含めない、夏休みの勤務日は29日ありましたから、3分の2は研修・出張で勉強していたことになります。


その他出勤日(日直、部活)が何日かあるので、実際に「夏休み」として確保できたのは1週間程度です。
これって、普通のサラリーマンと同じくらいの日数ですよね?
むしろ、テレビで「これからハワイです」なんて言ってる旅行者は十何連休とか聞いたりするので、
「普通のサラリーマンは休みがたくさん取れていいなぁ」なんて思ったりすることもあります。

今年の夏休み中の研修を種類別に分けると

特別支援教育・・・9回
情報教育・・・・・3回
道徳教育・・・・・2回
学級経営・・・・・2回
学力向上・・・・・1回
メンタルヘルス・・1回

与えられた校務分掌に関する研修がやはり多いですね。
(今年は特別支援学級担任と、道徳主任、情報教育担当です)
うつ病の再発予防のためにと、メンタルヘルスの研修を受けているのも私らしいかな。

休みの日もなんだかんだ仕事

一週間くらい確保できた夏休みですが、その間もなんだかんだ仕事していました。
研修の報告書を作成したり、2学期の計画を考えたり、
新しいアプリを試したり(これは趣味?)
教育関連の本を読んだり(これも趣味?)

なんだかんだ仕事のことが頭から離れなかったように思います。
これはあんまり良くない傾向ですね。

休むときはスパっと休む!
働くときはガシガシ働く!

そんな風に上手に時間を使えるようになりたいものです。

9月1日に2学期が始まりますから、スタートまで10日しかないということです。
やり残したこともあるので、ちょっと焦ります。

まとめ

教員の夏休みは、普通のサラリーマンと同じくらい!
研修と出張だらけ!